猫の爪切り diary

今日も一日、幸せでありますように・・

私の大好きな競走馬。グラスワンダー

こんにちは。よろしくお願いいたします。

 

 

ご紹介したい名馬は、

栗毛の怪物グラスワンダー

こちらの画像は朝日杯です。

 

現役時代は1997年~2000年。

外国産馬でした。

 

数年に一度現れる「おいおい、この馬強すぎるだろ。来年どれだけ強くなるのか・・」

と楽しみに思わせてくれる圧巻の2歳戦績(旧表記3歳)。

 

3戦3勝で挑んだ朝日杯では、単勝1.3倍。

勝つのは間違いない。

どうやって勝つか(勝ち方)とまで言われておりました。

 

的場均騎手を背に期待通りの1着レースレコード付き。


www.youtube.com

翌年春は、残念ながら骨折により休養。復帰戦は秋の毎日王冠。

相手は当時世界最強ではないかといわれていたサイレンススズカ

強烈な勝ち方で春に大活躍した世界のエルコンドルパサー

出走予定馬を見るだけで、どうなってしまうのかワクワクした伝説のG2レースとなりました。


www.youtube.com

レースでは4コーナーで果敢にサイレンススズカに迫るも5着に敗れてしまう・・。

アルゼンチン共和国杯でも期待をされるが敗れる。

 

やや人気を落とした形で出走した98年の有馬記念で見事復活の1着。


www.youtube.com

 

そして翌年は京王杯、安田記念と出走し宝塚記念でライバル、スペシャルウイークと初対決。

 

敵は1頭スペシャルウイークのみといったような、狙いすました末脚で完勝しました。


www.youtube.com

 

秋は毎日王冠を勝利し、再び有馬記念に出走する。

復活したスペシャルウイーク

古豪メジロブライト、ステイゴールド

3歳で勢いのあるテイエムオペラオー、ナリタトップロードなど。

 

超豪華メンバーの中、最後の直線でギリギリライバルたちを抑え、見事グランプリレース3勝目を飾る。(白熱した凄いレースだった。)


www.youtube.com

翌年は調子が戻らず3戦するも勝利できず引退。

 

種牡馬となりスクリーンヒーロー、アーネストリーなど排出。

更に孫のモーリスが活躍馬を輩出しグラスワンダーの血が受け継がれていっております。

グラスワンダーの同世代は今も最強の世代に上げる人がいるほど強い馬が多かったですね!

 

スポンサーリンク