猫の爪切りdiary

今日も一日、幸せでありますように・・

おすすめの漫画📚 うしおととら

こんにちは。よろしくお願いいたします📚

 

本日ご紹介する本はこちら!!

 

うしおととら 藤田和日郎著

少年サンデーで1990年~1996年まで連載されていた漫画です。

作者は藤田和日郎さん。

 

中学生の主人公「うしお」がひょんなことから自宅地下で獣の槍と縫い付けられていた妖怪「とら」と出会い物語がはじまります。

 

出会いは必然的で運命だったのか?

 

獣の槍とはなんなのか?なんで「とら」は地下にいたのか?

ラスボス最悪妖怪「白面の者」を知りそれを倒す旅が始まります。

 

最初は仲が良いとはいえませんでしたが妖怪「とら」と旅をし深まっていく絆。

二人?のやり取りが微笑ましく面白い。

 

読み進めていくとわかる最悪妖怪「白面の者」との因縁。

なぜ「白面の者」を倒さなければいけないのか段々とわかります。

 

ラストは妖怪、日本人すべてを巻き込んだ総力戦で「白面の者」と戦います。

 

すべての伏線を回収し迎えるラストは涙なしには見られません。

 

勝手に好きなキャラランキングベスト3

 

第三位 鏢(ひょう)

圧倒的な強さの符術師。強くなったのには悲しすぎる理由があります。

追い求めていた標的 妖怪紅煉(ぐれん)との最後の戦いは屈指のバトルシーンです。

 

最初は冷たかった鏢が主人公うしおの人間的な魅力に惹かれて、少しづつ心開いていくのは読んでいて嬉しかった。

 

第二位 真由子

妖怪「とら」好きな、うしおのクラスメート。

まさか真由子まで「白面の者」と因縁があるなんて!!

ラストバトルで「とら」のところへ行き、髪を櫛で梳くシーンは涙が出ます・・。

 

第一位 とら

その昔は人間、妖怪相手に大暴れし大妖怪と呼ばれた「とら」

うしおと出会い人間的な魅力に影響を受け、性格が変わっていきました。

なんだかんだと助けてくれる頼もしい相棒。

うしおとの最後のシーンは号泣してしまいます。

 

他のサブキャラクターも自分の人生があり、それぞれが魅力的です。

ゆっくりと確実に進んでいくストーリー。

 

読み始めると止まりません。

 

ゴチャゴチャ書きましたが、少年漫画の面白さが詰まった名作です!!

 

「うしおととら」おすすめの漫画です🐾